電話番号027-362-5188

〒370-0004 群馬県高崎市井野町649-2

高崎市の内科 消化器内科 胃腸内科 内視鏡検査なら小林内科胃腸科医院

経鼻内視鏡検査

問診票 ダウンロードはこちらから
設備紹介 詳しくはこちらから
MOBILE SITE

経鼻内視鏡検査とは

鼻から極細径のスコープを入れて行う胃内視鏡検査(胃カメラ)のことです。
胃カメラの最中に『オエッ』となることがあり不快ですが、これは舌の付け根の舌根部という部位にスコープがこすれることで引き起こされる咽頭反射が原因です。経鼻内視鏡検査では鼻腔を通り食道へ入っていきますのでスコープが舌根部にほとんど接触せずに通過していきます。その為咽頭反射が非常に起きづらく『オエッ』をあまり感じることなく検査が進行していきます。

経鼻内視鏡検査の特徴

検査前に鼻腔の麻酔を行いますので、鼻の痛みはほとんどありません。
口を通過しませんのでマウスピースは不要です。したがって検査中に普段通りの呼吸や会話まで可能となります。
当然鎮静剤などの全身麻酔は一切不要で、検査後はすぐに日常生活に戻れます。

  • 当院では、ピロリ菌・肝炎ウィルスなどの内視鏡を介する感染症に注意を払っております。
    清潔な器具による検査を心がけております。安心して検査をお受けください。
  • 経鼻内視鏡でも病理組織検査のための生検は可能です。
  • 常用薬で抗血小板剤・抗凝固剤などの、血液がサラサラになるお薬を内服している方は予約時に申し出てください。

経鼻内視鏡検査の流れ

(予約制です。初診の方は医師による診察が必要です。)

1.検査前日

夕食は消化の良いものにして午後8時までに全てを済ませ、以後固形物は摂らないでください(但しアルコールを含まない水分は飲んでも構いません)。
夜中に水やお茶を飲んでも構いません。常用薬は服用して差し支えありません。

2.検査当日の朝

起床後に水をコップ1杯(150ml以上)を飲んでください。
朝食や喫煙・お薬は摂らないでください。歯みがきは結構です。
その後は適宜お水・うすいお茶・スポーツドリンクは飲んできても構いません。
但し、コーヒーやミルクティー・牛乳などの乳製品、色の濃い飲み物、果汁入りのジュースは絶対に飲まないでください。

3.検査前の準備

胃の中の泡を取り除く薬(液体)を飲んでいただきます。
これは胃の中をきれいにして検査を正確に行うためです。

4.鼻(と喉)への麻酔

検査直前に鼻腔を広げる点鼻薬と、スプレー上の麻酔薬を鼻へ噴霧します。
お薬は喉へも若干届きます。

5.経鼻内視鏡検査

ガードルやコルセットをつけている場合、検査前に外しておきましょう(検査中に胃がいつもより張ってしまうため)。
医師が検査をモニターで確認しながらご説明いたします。
検査中でも会話が出来ますので、ご質問や不安なことなどをおっしゃっていただけます。
検査時間は一般的に7~8分で終了です。

6.検査終了

会計計算が終わるまで少し休んでください。
検査後は、薬1時間ほど、飲食をお控えください。
(喉の麻酔が効いていますとむせる原因となります)

※経鼻内視鏡のご注意

経鼻内視鏡検査が受けられない場合
  • 両側の鼻腔が非常に狭い方は、鼻からの挿入が難しい場合があります。その場合、経口内視鏡に変更していただく場合もあります。
  • 数%の頻度で鼻出血を起こす場合がありますが、検査後に押さえていただければほとんど血は止まります。
  • 検査後は鼻を強くかまないようにしてください。
PAGE TOP